立正幼稚園の特色

個性や好奇心を大切に、豊かな心を育てます

仏さまにおまいりをする優しい子、絵を描くのが得意な子、夢中になって本を読む子...そんなひとりひとりの個性や好奇心を大切に、いつも瞳が輝いた心豊かな子どもたちを育てたいと考えています。


教育目的

  • 明るく元気でがまんのできる子
  • 仲よくあそび、人にめいわくをかけない子
  • 大きな声であいさつのできる子



教育方針

仏さまに手を合わせ、
素直な感謝の心を育てる

毎日“ののさま”にご挨拶してから始まる1日。“ののさま”に見守られながら安心して過ごす日々の中で、「ありがとう」と素直に言えるやさしい心を育てます。


友だちと元気に遊び、
協調性と体力を育てる

日々の生活や年間行事を通し、身体を動かし、友だちと感動を分かち合える、心身ともにたくましい子どもに育てます。


自然とふれあい、
豊かな感性と創造力を育てる

園内は、花と緑でいっぱい。四季折々の自然と触れ合うことで、情緒豊かに成長できるような環境を整えています。



当園の歴史


昭和6年4月 富山藩第2代藩主前田正甫公の菩提寺である大法寺境内に創立
昭和20年8月 富山大空襲により園舎全焼
昭和30年4月 卒園児や地域住民の要望に応え、木造瓦葺園舎、運動場を整備して復興
昭和46年10月 新園舎が落成/学校法人立正幼稚園として認可
昭和50年4月 自然への関心を深めるため 「 自然観察園 」 を造成
昭和52年5月 子ども交通安全教室 「 らいちょうクラブ 」 結成
昭和55年4月 体力向上を目的に 「 体育教室 」 開始
昭和56年10月 立正幼稚園創立50周年を迎え、記念式典を挙行
昭和63年9月 幼稚園給食をより充実したものにするため厨房を新築、自園給食開始
平成3年4月 33年来の制服を、コシノ・ヒロコデザインに一新
平成8年4月 童謡保育開始
平成10年4月 童話保育開始
平成12年7月 立正大学教育提携園となる
平成13年12月 創立70周年記念式典を挙行・新園舎竣工・記念誌発行
平成17年6月 親子サークル開始
平成22年4月 2歳児保育・プレスクール開始
平成22年6月 立正幼稚園音頭を制作
平成22年11月 創立80周年記念式典を挙行、80周年記念文集を発行
平成29年4月 幼保連携型認定こども園に移行
平成30年4月 0・1歳児受け入れ開始